綴るパートナーズ

CLOSE

お知らせ

2020.11.10

弊社取引事例

本日は、弊社取引事例を1件ご紹介させていただきます。

今回ご紹介させていただく事例は、高松市郊外にあった長年空き家となった物件です。

私が物件を調べに訪れた時には、庭木は道路通行の妨げになるほど境界を越え、敷地内も足の踏み場もないほど草木が生い茂り、典型的な放置空き家でした。
とはいえ所有者の方も何度かは、敷地内の草木の剪定などを行っていたようですが、業者に依頼する手間や料金などが高いため、あまり管理が持続しなかったのが実情のようでした。

そしてそのような状況では、ご近所の方々にご迷惑を掛けてしまう点や、少しでも早く売却が出来るように、家屋の解体、売却のお手伝いをさせていただくこととなりました。

解体後は、鬱蒼としてた草木もなくなり物件周辺の環境も明るくなり、土地の広さも実感出来るようになりました。
そういった観点からなのか、弊社との媒介契約、管理看板を設置したところ、高松市郊外の物件にも関わらず数件のお問い合わせ入り、約1ヶ月程度で売買契約となりました。

ご購入いただいたのは、お近くで飲食業を営まれている方で、用途としては店舗の駐車場にて活用するとのことでした。

実際に解体から売却までかかった期間は約3ヶ月。高松市郊外ということもあり、少し時間がかかるかと思いましたが、理想的な流れで売却までスムーズに事が運び、お客様にもご満足いただけました。

今回改めて思ったのは、やはり解体することにより、周辺の環境の改善、また不動産の売却が行われるのかというアピールにもなるという事です。実際にご購入いただいた方もそのように仰っていました。

今回このお仕事で香川県の空き家を一軒減らせたことに、嬉しく思うのと共に、改めてこのお仕事の社会的意義を強く感じました。

放置している空き家をお持ちの方がいらっしゃれば、弊社までお気軽にご相談ください。親切丁寧にお客様の立場になってご提案させていただきます。

綴るパートナーズ株式会社
087-880-0101